2008年04月16日

涙やけ★☆★

涙やけ・・・お悩みの方も多いと思います。。。

今回、我が家のPinkの涙やけが治まりましたので見てやって下さい。

1-pp-1.jpg
本日、顔バリ(バリカン)後、撮影。


涙やけとは何らかの原因で涙が多く作られ、目頭から流れ空気に触れる

ことにより茶褐色に変色するらしいです。

いつも涙で「グチョグチョ」してただれてしまったり、ワンが気にして

「カキカキ」したり、或いは病的なことだったりしなければ美的感覚と

思っていましたので、手術までは考えていませんでした・・

・・・がexclamation×2・・それは綺麗な真っ白がいいに決まっている!!

まずは、この2年間の経過をご覧下さいわーい(嬉しい顔)

1-pp-4.jpg
2006年2月28日撮影。顔バリ後3週間くらいだと思います。
この日、初めて我が家に来た日です。糸くらいの細い茶色い線が・・・涙やけ??になっちゃうの??

1-pp-5.jpg
2006年9月撮影。顔バリ後1週間。
あ〜あ〜やっぱり茶色くなっちゃったたらーっ(汗)

1-pp-6.jpg
2007年9月撮影。顔バリ後1週間。
この頃がピークダッシュ(走り出すさま)でトップノット(結んでいる所)にまで茶色くなってきています。。。

1-pp-7.jpg
2008年1月撮影。顔バリ後1週間。
年を越えて 見る見るうちに良くなってきました。

1-pp-3.jpg
そして、本日 2008年4月15日撮影。顔バリ後 数時間。
こんなに綺麗になりました。
詳しくは3月の中旬くらいから この状態が持続していました。


目の形状や炎症がなければ、私的には食べ物の影響って「大大大」だと

思います。Pinkの場合は「内反ぽいかな?」と思って諦めていました。

でも病気でもないのに手術は嫌!

それでは、「出来ることをやってみよう!」と思いは段階を隔てて、

Pinkの場合、涙に臭いがなったので まずはイヤークリーナー+目薬→

全然効果なし ・・・・・ と同時にフードの選択→何種類 試したか

な〜exclamationでも効果なし ・・・・・

そして、今回は完全手作り食にしてみた結果がこの通りでした。

手作り食は以前から興味があって考えていましたが 果たして私の作る

食事で栄養のバランスがしっかり取れるのかが心配でした。

トリミングに来られているワンが生肉入りの手作り食を与えているので

お話を聞かせていただいたり、皮膚、耳の良好状態を持続していること

は、お手入れをさせていただいて本当に実感しました。

でも、私には生肉は無理あせあせ(飛び散る汗)だったので我が家では「グツグツ」と

煮込んでいます。

初めはフードにかける程度からスタートして徐々に半分づつに 完全

手作りにしたのは昨年の11月終わり頃からです。

きっかけは画像見ても解る通り、2007年9月に真茶々なピークを迎

えたことです。

ドッグフードを全く与えていないのではなく、今年の3月頃からは

将来のことを考えて(入院や災害)おやつ程度に与えています。

栄養のバランスも先日の血液検査の結果で異常なしでした。ヨカッタ!

昨年はFrillが貧血で再検査。その後、肝臓が怪しいかったので、

とっても不安でしたがこれで安心です。

栄養のバランスや手間や入院や災害など総合的に考えると、手作り食っ

て飼い主が出来る最終段階かもしれませんね。

手作り食について、ここには書ききれないことなどいっぱいありますの

で ご興味のある方はご相談下さいねエサエサエサ

一番大事なことは通常は手作り食にしていても、いざという時にドッグ

フードでも対応出来る、ワンに育てていくことだと思いますよわーい(嬉しい顔)

犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)






ニックネーム ノースビレッヂ at 00:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする